2014年12月18日

IIS7.5 tomcat7 連携


1.
連携モジュールのダウンロード
以下のサイトより、isapi_redirect-1.2.XX.dllをダウンロード

上記サイトから、64bit、i386などzipファイルを選択してダウンロードし、解凍してdllにする。


2.
モジュールのインストール

1.ダウンロードしたファイルを「d:\connector」にコピーする。

  ※コピーする際にファイル名を「isapi_redirect.dll」に変更する。
 ※d:\connector は任意でOKだが、後述のd:\connectorの箇所も全て変更すること。

2.
【ファイル作成】
「d:\connector\isapi_redirect.properties」を作成

【ファイル内容】
  extension_uri=/Connectors/isapi_redirect.dll
  log_file=d:\connector\isapi_redirect.log
  log_level=error
  worker_file=d:\connector\workers.properties
  worker_mount_file=d:\connector\uriworkermap.properties
  uri_select=unparsed

3.

【ファイル作成】
「d:\connector\workers.properties」を作成。

【ファイル内容】
  ps=\
  worker.list=Connectors
  worker.Connectors.port=8009
  worker.Connectors.host=localhost
  worker.Connectors.type=ajp13

4.
【ファイル作成】
「d:\connector\uriworkermap.properties」を作成する。
  tomcat側のap→localhost/test/
  と
  後述のIISの仮想ディレクトリ→localhost/Connectors
  を関連付けする。

【ファイル内容】
  /test/*=Connectors

5.
「IISマネージャ」を開きデフォルトサイトに「ISAPIフィルター」を追加
  する。
  名前:Connectors
  実行可能ファイル:d:\connector\isapi_redirect.dll

6.
「IISマネージャ」を開き「仮想ディレクトリ」を追加する。
  エイリアス:Connectors
  物理パス:d:\connector

7.
 追加した仮想ディレクトリに「スクリプトマップ」を追加する。
  要求パス:*
  実行可能ファイル:D:\connector\isapi_redirect.dll
  名前:Connectors

8.
 Tomcatの設定を変更しIISとの連携モジュールを有効にする。

  (Tomcatインストール)\conf\server.xmlのAJP設定箇所を有効にする。
  
  <!-- Define an AJP 1.3 Connector on port 8009 -->
  <Connector port="8009" protocol="AJP/1.3" redirectPort="8443" />

 ↑portが3.の設定ファイルでのポートになっていることに注意。

9.
 Tomcatを再起動
 IISを再起動


10.
連携前は、localhost:8080/test/
のようにtomcatのポートがURLについていたものが

localhost/test/

でアクセスできることを確認する。


※IISの受付ポートが80以外になっている場合は、localhost:IISで設定されているポート/test/
としないとダメよ。

posted by くまくま at 14:49| Comment(0) | tomcat
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。